« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

京都西山-光明寺2-

京都西山は、西山連峰のふもと、自然と歴史に育まれた場所です。
西山三山とは、光明寺と善峯寺、柳谷観音楊谷寺の3寺院です。

Koumyou5_3
                                (光明寺本堂2009.9.27撮影)
光明寺は法然上人弟子の熊谷直実がその地を想い、建立したとのこと。
光明寺本堂の手前は、法然上人像です。

Yosimine1
                               (善峯寺本堂2008.11.24撮影)
善峰寺も山腹にある西国三十三所観音霊場の第二十番札所。
御本尊は十一面千手観世音菩薩。紅葉の名所でもあります。

Yanagidani1
                                  (柳谷観音2009.1.1撮影)
柳谷観音楊谷寺は、弘法大師ゆかりの霊水「独鈷水(おこうずい)」があります。
独鈷水は、眼病に効くと空海が地域に広めたといういわれがあります。

西山三山
光明寺(こうみょうじ)             長岡京市栗生西条ノ内26-1
善峯寺(よしみねてら)            京都市西京区大原野小塩町1372
柳谷観音楊谷寺(やなぎだにかんのん) 長岡京市浄土谷西山1番地

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ     BlogPeople「旅・民族/国内旅行」ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

並河記念館4

植治の庭は、自然の風景を庭という中で表現するという世界観をがあります。
無鄰菴同様、この庭も疎水から流れた水は、滝、せせらぎを流れ、この池にたまる。
一連の「流れ」を重視しています。

Namikawa7

水と石というこだわりは、石にも表れます。
自然石を使えば、臼石、礎石、切石まで加工した石を組み合わせて、
石橋から沢飛びまでさまざまな工夫を感じます。

Namikawa9 

水と石、コケやセキショウなどの草花、その庭の美しさに癒されます。

並河靖之七宝記念館
(場所)東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

京都西山-光明寺1-

「そうだ京都、行こう。」JR東海
2009年盛秋は、光明寺(こうみょうじ)。まもなくCM放映です。
過去5年は、'08三千院 '07大覚寺 '06曼殊院 '05善峰寺 '04清水寺
CM効果で、地元でもある西山三山には、大勢の人が押し寄せそうです。

Koumyou1
                                        (2009.9.27撮影)

光明寺は、京都の西南、西山連峰のふもとに位置しています。
お寺は、西山浄土宗の総本山。
法然上人の念仏発祥の地として知られています。

Koumyou4
                                        (2009.9.27撮影)

参道は、紅葉も少し、色付き始めてきました。今年は少し早いようです。

Koumyou11
                                        (2009.9.27撮影)

光明寺の紅葉の鑑賞は、左右にわかれる参道、「紅葉参道」として知られています。
石畳は、落葉した紅葉が一面に、見上げれば紅葉のトンネル。
その美しさは、西山の紅葉名所のなかでも群を抜いています。
こちらはまだ、紅葉まで時間がかかりそう。本格的には11月中旬でしょうか。

光明寺(こうみょうじ)
(場所)長岡京市栗生西条ノ内26-1

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ     BlogPeople「旅・民族/国内旅行」ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

棚田百選-能勢3-

長谷(ながたに)の棚田
水田、水路、ため池、里山、あぜ道など、のどかな風景が広がります。

Nose7

もうすぐ、稲刈の時期。
この棚田にも、整備された用水路があります。
動かない景色の中で静かに流れる水のせせらぎ。

Nose9

細いあぜ道でつながるちいさな集落があります。
人の手で里山が作られ、守られてきたのだと感じます。

長谷(ながたに)の棚田
(場所)大阪府豊能郡能勢町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

府中市郷土の森

府中市郷土の森資料館へ。
都心から30分でみられる茅葺屋根の風景です。
コスモスに、ススキと秋の気配を感じます。

Huchunomori1

ピンクに、赤と鮮やかなコスモス。

Huchunomori2

そして、ヒガンバナ、満開!!。

Huchunomori4

初秋の草花は、色が鮮やかです。

府中市郷土の森博物館
(場所)東京都府中市南町6-32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

棚田百選-千早赤坂村2-

下赤坂の棚田は、歴史的には、下赤坂城跡という場所でもあり、
河内を支配した豪族、楠木正成の生誕の地としても知られています。

Chihaya4_2

丘陵地の谷間などを利用してできた棚田でしょうか。

Chihaya5_2

ほどよい傾斜で、段々が美しいですね。

Chihaya6_2

観光地になりつつあるのか、人がよってくるとゴミがでる悲しい現実。
たて看板がたっていました。気をつけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

並河記念館3

植治(うえじ)こと、七代目小川治兵衛の作庭です。
植治の庭を訪れると、石に目が奪われます。
一つ一つの石の選別から配置、そして機能的な足ざわりまで、
独創的で洗練されたデザインが今も受け継がれています。

Namikawa8

視界の先に、池と灯篭が見えます。
樹木、草花の脇をとんとんとん、と
石畳を楽しく渡らせてくれるそんな想いを感じます。

Namikawa10

池にたどり着くと、今度はぐるりと池を周ることができます。
手前から疎水の水が流れ込んでいます。
その手前の石橋を渡ってからの石の配置、そして奥にまた石橋と、
庭園のリズム、それに見合う石の種類、大きさ、形状、
そして、自然と人工の調和という作庭家としての
意匠と技法にしびれます。

並河靖之七宝記念館
(場所)東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

棚田百選-能勢2-

長谷(ながたに)の棚田

大阪府能勢町を少し奥にはいると、のどかな風景が広がっています。
伝統と風格を感じる日本の原風景を、ここに見ることができます。

Nose4_2

棚田の緑と屋並みのいぶし色と白壁が美しく調和しており、
農家の美しいたたずまいを見ることができます。

Nose5

手前に白サギが、首をのばして、のんびり餌を探していました。

長谷(ながたに)の棚田
(場所)大阪府豊能郡能勢町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

紫織庵3

紫織庵-川崎家住宅- 京都市指定有形文化財
主屋、洋館、茶室、二十八畳蔵、十二畳蔵を配置。
大正時代の都市型住宅であり、和風の中に洋風を取り入れ、
当時の時代背景をしのぶことができます。

Siorian11

-主屋(おもや)-
網代敷きに、ヨシの障子、夏仕様のしつらえです。
祇園祭の宵山に催される「屏風祭り」のときのものを展示。
左に見える金の洛中洛外図屏風が、室内の雰囲気を一変します。

Siorian10

-茶室-
長四帖の小さな茶室です。給仕口と点前座部分です。
数奇屋の名工、上坂浅次郎によるものです。

Siorian12

-洋館-
F.L.ライト風の意匠で施されています。
設計は近代建築の巨匠、武田五一によるものです。

紫織庵(しおりあん)
(場所)京都市中京区新町通六角上ル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

おくりびと

おくりびと
第81回アカデミー賞外国語映画賞
今日は映画「おくりびと」TBSにて地上波初放映です。

山形県庄内平野。
天気がよいと市内から鳥海山がよく見えます。
アーケード街のシーンは、地元の中通り商店街です。

Okuribito1

中通り商店街を突き抜け、日和山公園のほうへ。
坂を上がると、旧割烹小幡前に到着。
映画の主人公、大悟の職場「NKエージェント」のロケ地となりました。

Okuribito2

「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。」
映画は、ここから展開、さまざまなことが起こります。

Okuribito3

中に入ると、事務所のセットがそのままに。棺までも、展示されています。
机の本棚は各宗派の本が並び、机の上は葬儀の価格表が開かれた状態。

Okuribito4

部屋と部屋をつなぐ吹抜階段は建物の中心です。
昔ながらの洋館の雰囲気。なつかしく何か、落ち着きます。

Okuribito5

おくりびとの名シーンのひとつ、死と向き合う場面でのセット。
日本的な風習が垣間見れます。主人公は、納棺師として、
さまざまな死と向き合い、遺族に感謝されながら
仕事にやりがいを感じ始めることになります。

Okuribito6

最上川の酒田港にある山居倉庫も映画に出てきます。
100年たった今も使われている農業倉庫です。

Okuribito7

2009年夏の庄内酒田。 涼しげに、白いムクゲが咲いていました。

Okuribito8

NKエージェント
(場所)山形県酒田市日吉町2丁目9-37。
 2009年4月20日より内部一般公開。
山居倉庫
(場所)山形県酒田市山居町1丁目

「おくりびと」
滝田洋二郎監督作品
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史
2008年上映(配給/松竹)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

京の集落地図-広域編-

ドライブで京の集落案内-広域編-

近畿の棚田百選から、重要伝統的建造物保存地区まで。

少し足をのばせば、風景の中の集落が美しく、心がなごみます。

Kyotomapshuraku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

京町家散策地図

てくてく、オススメ!の京町家散策案内。

京都の文化遺産に登録されているものから、普通の町家まで。

内部観覧できるものもあれば、外観のみのものもありますが。

人ごみも少なく、ゆっくりとこちらの地域で、

初秋の京町家散策もいいですね。

Kyotomapmachiya_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

北野天満宮3

947年に創建されたが何度も焼失し、
現在の社殿は慶長12(1607)年に豊臣秀頼が造営したものです。
屋根は複雑で、曲面の多い八棟造。この国宝の本殿を横から回りこむと、
左側は拝殿、右側は本殿とつながっているのがよくわかります。
連なる桧皮葺の屋根が優雅で美しく、桃山建築の代表とされています。

Kitano7

豊臣秀吉が主催した茶会がここで開かれ、
千利休・津田宗及・今井宗久らが、参会者に茶をふるまったとのことです。
天正15年(1587)、秀吉が北野大茶会を催した時、
七軒茶屋は秀吉の休憩所となりました。
境内を東に抜け、鳥居をくぐると、その先が七軒茶屋、花街の上七軒です。

Kitano9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

花街国民健康保険組合

京都花街国民健康保険組合

(場所)京都市東山区八坂新地清本町363

辰巳神社から巽橋を渡り、少し下ると、この建物が見えます。

花街の芸妓さんや舞妓さんが加入する国民健康保険の組合です。

Kagaikumiai4

黒板には、八坂女紅場学園とあり、

舞妓さんの稽古の予定表が書かれています。

なぜか授業日割が、表に面して記入されています。

Kagaikumiai3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

棚田百選-袖志1-

袖志 (ソデシ)

(所在地)京都府京丹後市丹後町袖志

(規 模) 400枚 ・ 11.8ha 

(田植え時期) 5月上旬

(稲刈り時期 )9月中旬~下旬

海辺の集落と棚田の美しい風景が広がっています。

Sodesi1

写真手前は、公民館です。

丘の上に神社があり、街が見わたせます。

Sodesi3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

並河記念館2

京町家は仕事場の「店の間」、生活の場の「台所」と「通り庭」、

客を迎える「座敷」で構成されています。

今回は生活の場の「台所」と「通り庭」。

町家の表から裏へつづく土間の通り庭。

立ち止まれば、天窓からほのかな光を感じ、

通り庭を静かな風が流れます。

見上げれば、梁などの木組が美しく組まれています。

機能的にも、炊事場の煙や火の粉を逃がすための、

吹き抜け空間であり、火袋(ひぶくろ)ともいいます。

Namikawa3

京都の火の神様、愛宕さん。

愛宕さんは京都盆地の西北側にそびえる標高924mの山です。

比叡山と同じく信仰の山とされてきました。

その山頂にある愛宕神社「火廼要慎(ひのようじん)」のお札です。

一般的な家庭の台所でもよく見ることができます。

Namikawa4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

紫織庵2

紫織庵の庭園

洗練された石畳と苔と竹がバランスよく、

玄関のアプローチ空間をもてなします。

Siori11

玄関に入ると広縁の長いガラス戸が見えてきます。

すべて建築当初の「波打ちガラス」で、一枚も破損していませんとのこと。

微妙な波のあるガラスが当時の雰囲気を感じます。

キリスト教信者の茶人、古田織部が信仰のため、

創ったとされる十字架をかたどった織部マリヤ灯篭。

足元には、聖母マリヤ像が彫られています。

Siorian5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

京の花街-位置をみる-

京都の花街は現在5ヶ所です。

第2回京都創生花街シンポジウム「京の花街 ひと・わざ・まち」でも取り上げられ、

「明治以降、他人数を対象に芸妓などが歌舞音曲を披露する場である『歌舞練場』を中心として、置屋の機能を併せもつお茶屋が集合した地域」
            ~京の花街 太田達 平竹耕三 日本評論社より引用

と、著者の太田達さんは、話しておられました。

地域の拠点となる歌舞練場を中心に生まれた文化といえるでしょう。その花街も、現在、五花街。上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町です。花街は舞妓さんや芸妓さんがお茶屋に居てお客をもてなし、また歌舞練場にて舞を披露したりします。以前は花街だった島原も含んで六花街といわれたこともありました。

そんな文化拠点が、花街界隈ですね。

Kyotomapkagai_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

京都地図-古寺を巡る-

Kyoto Map-古寺を巡る-

京都地図を更新しました。まもなく、紅葉シーズン。

Kyotomap2009cb

最新地図は「古都のあれこれ手帳 京都マップ2012-13」から。

(追記更新2013.02.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

北野天満宮2

北野天満宮は、梅の名所でもあります。

その梅からなる大福梅干。梅を干しているところです。

境内はほんのり梅干の香りがします。

Kitano4

見た目にもすっぱい!。

Kitano10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

東本願寺2

社寺建築の改修風景です。

100年に一度の改修も、瓦の張り替えと耐震補強が今回の改修です。

御影堂の大改修工事が終わり、平行移動させ、現在、阿弥陀堂を覆っています。

解体せず、効率よく、工期短縮。日本が誇る建築施工の最新技術です。

Higasihon4

工事の赤いポールの奥(下写真左中)に

階段の手すりが、そしておネギの形をした擬宝珠(ぎぼし)が見えます。

手前は境内で、この部分は工事の仮設の床部分です。

仮設とはいえ、立派な構造物が建物を覆っていますね。

Higasihon6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

棚田100選-毛原1-

毛原 (ケハラ)

(所在地)京都府福知山市大江町毛原

(規 模) 600枚 ・ 5.0ha 

(田植え時期) 5月中旬

(稲刈り時期 )9月下旬

水車と棚田の美しい風景が広がっています。

Ooe1

Ooe3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

並河記念館1

並河靖之七宝記念館
(場所)東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388 

三条通りより北へ一筋目の通りを少し歩くと、その建物はあります。
明治~大正期に活動していた京の七宝工芸家 並河靖之(なみかわやすゆき)の自邸です。

明治27年に建てられた町家は有形文化財に指定されています。
現在は、七宝の作品が展示され、工房や釜場の様子もそのまま保存されています。
今年は、夏の特別公開が行われました。

通常公開
  【開館時間】
     午前10時~午後4時30分(入館は4時まで)
  【休館日】
     月曜日・木曜日(祝日の場合は翌日に振替)
    夏季・冬季・展示替期間

Namikawa1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

紫織庵1

紫織庵(しおりあん)

(場所)京都市中京区新町通六角上ル

江戸時代後期に医師・荻野元凱が開業した医院を、

大正15年(1926)に綿布商を営む井上利助がモダンな洋間を加えて新築しました。

新町通りに面したこの町家は、板塀の大塀造(だいべいづくり)です。

洋間の外壁には旧帝国ホテルと同様の石灰岩とタイルが貼られています。

この洋間の屋上は、祇園祭の鉾を眺められるようになっています。

Siorian1

客人を導く門構えとアプローチ。

Siorian2

どっしりとした屋敷と松は当時の時代を思いおこさせます。

Siorian3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

京の歳時記-9月-

泉涌寺(せんにゅうじ)

(場所)東山区泉涌寺山内町27

(交通案内)
     JR・京阪 東福寺駅から徒歩10分
     JR・近鉄 京都駅からタクシーで約5分

「そうだ 京都、行こう。」初秋のTVCM「泉涌寺編」が上映されています。

皇室とゆかりがあり、御寺(みてら)と呼ばれています。

11月になると、庭園の紅葉も見ごたえがあります。

Sennyu0906

2009年9月(長月)
泉涌寺ライトアップ  9/20-23   泉涌寺
晴明神社例祭         9/22-23   晴明神社

2009年10月(神無月)
壬生狂言               10/6-10/8  壬生寺
先斗町「水明会」    10/15-18   先斗町歌舞練場
東寺の市               10/21     弘法さん
時代祭り                10/22     御所~平安神宮
鞍馬の火祭           10/22     鞍馬/由岐神社
北野天満宮の市      10/25     天神さん

JIA日本建築家協会 全国大会 京都2009
「京」の佇まい・・はんなりと 受け継がれる人と建築
10月1日~4日(京都会館・みやこめっせ 京都市国際交流会館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

棚田百選

棚田百選~季節を感じる場所~

田植えの水田、伸びた夏の稲穂、秋収穫の稲刈り、冬の田んぼ

いずれも季節を感じるのどかな風景が広がります。

また、そんな空間に農家の人たちは日常的に作業しています。

Hasep1_2 Simoakasakap1_2

棚田の特徴は傾斜地に多くあります。

棚田のある集落も、山村にあれば、漁村にもあり、

その風土で自然に生まれた形態ともいえます。

Inabuchip1_2 Keharap1_4 Sodesip1_2 

一つ一つは小さい田んぼ。

それでも、稲穂はすくすく育っています。

まもなく、収穫の秋を迎えます。

近畿の棚田百選はこちらの11地区です。

滋 賀  高島町     畑の棚田
京 都  大江町     毛 原
京 都  丹後町     袖 志
大 阪  千早赤阪村  下赤阪の棚田
大 阪  能勢町     長谷の棚田
兵 庫  加美町     岩座神
兵 庫  佐用町     乙大木谷
兵 庫  美方町     うへ山
兵 庫  村岡町     西ヶ岡
奈 良  明日香村    神奈備の郷(稲渕)
和歌山  清水町     あらぎ島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

北野天満宮1

北野天満宮

(場所)京都市上京区馬喰町

菅原道真を祭る学問の神様として知られています。

毎月25日は天神さんの日で、露天商が立ち並んでいます。

3箇所の鳥居をくぐり、楼門(ろうもん)へ

Kitano1_9

楼門から中門(三光門)へ。

Kitano2_4

中門に入ると、荘厳な本殿。こちらは国宝です。

Kitano3

訪れたのは、午前9時ごろ。

観光地のひとつでもありますが、

人ごみもなく、静かな夏の京都を堪能できます。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ←クリックして、にほんブログ村の”京都旅行”へ。

人気ブログランキングへ  ←クリックして、ブログランキングの”近畿”へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

東本願寺1

東本願寺(ひがしほんがんじ)

(場所)京都府京都市下京区烏丸七条

西本願寺(本願寺)より、東にあるので、東本願寺と呼ばれています。

Higasihon1_2

明治28年に建立された御影堂です。

100年に一度の大改修がこのたび行われました。

Higasihon2

改修のため、内部の公開はもう少しかかりそうです。

Higasihon3_3

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ←クリックして、にほんブログ村の”京都旅行”へ。

人気ブログランキングへ  ←クリックして、ブログランキングの”近畿”へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

棚田100選-神奈備の郷1-

神奈備の郷 (カンナビノサトイナブチ)

(所在地)奈良県高市郡明日香村稲渕

(規 模) 315枚 ・ 7.4ha 

(田植え時期) 6月上旬

(稲刈り時期 )10月上旬~中旬

小川と棚田の美しい風景が広がっています。

Asuka1

Asuka2

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ←クリックして、にほんブログ村の”京都旅行”へ。

人気ブログランキングへ  ←クリックして、ブログランキングの”近畿”へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

京町家-無名舎7-

火の神様、愛宕神社「火廼要慎(ひのようじん)」のお札

Mumei21_2

当時の人は、この縁側の月を写す手水鉢で歌を詠みました。

Mumei22

縁側を広く利用できるように、90度まわる雨戸袋の仕掛けになっています。

100年前の狭い間口の町家のアイデアです。

Mumei23

祇園祭りの鉾は一切釘など使わないで、組み木と紐で組み立てられます。

この、オブジェも鉾の車輪のパーツのひとつです。

Mumei25

京都生活工藝館 無名舎 特別公開

2009年7月18日~9月30日
10:00~16:00 ※期間中無休

(場所)京都市中京区新町通六角下ル六角町363

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ←クリックして、にほんブログ村の”京都旅行”へ。

人気ブログランキングへ  ←クリックして、ブログランキングの”近畿”へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »