« 京の通り-表構え- | トップページ | 京都西山-光明寺5- »

2009年10月18日 (日)

京の紅葉-永観堂1-

永観堂禅林寺(えいかんどうぜんりんじ)

「もみじの永観堂」と言われ、東山随一の紅葉名所です。
京都六阿弥陀仏のひとつ、みかえり阿弥陀でも知られています。

Eikando1
                                      (撮影2008.11.22)

紅葉のじゅうたんに乗っているかのような多宝塔。

Eikando8
                                      (撮影2008.11.22)

イチョウの落葉がきれいです。

Eikando10_2
                                      (撮影2008.11.22)

三鈷の松は、葉先が3つに分かれている珍しい松の古木のこととのこと。
三鈷は、知慧、慈悲、真心を表しており、この松の葉を持っていると、
3つの福が授かるといわれています。
その時のタイミングにもよると思いますが、
一人一組、ご自由にとのことで、ありがたく一組頂きました。

永観堂禅林寺(えいかんどうぜんりんじ)
(場所)京都市左京区永観堂町48 
(アクセス)JR京都駅から市バス5系統で32分、
      「南禅寺・永観堂道」下車、徒歩3分。

|

« 京の通り-表構え- | トップページ | 京都西山-光明寺5- »

61京のうつろい-紅葉-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の紅葉-永観堂1-:

« 京の通り-表構え- | トップページ | 京都西山-光明寺5- »