« 京の維新13-土佐藩邸跡- | トップページ | 京の維新15-池田屋- »

2010年5月30日 (日)

京の維新14-土佐稲荷-

岬神社(土佐稲荷)
室町時代、鴨川の中州の岬に祀られたところから岬神社。
江戸時代になると、土佐藩の京屋敷内に移されます。

30tosainari1

お稲荷さんで親しまれている倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。
土佐稲荷と呼ばれるようになりました。
土佐藩士のみならず、
木屋町や先斗町の産土神(うぶすのかみ)にもなりました。
土佐藩内でありながら、一般の人が入れる通路もあり、
地域土着の神としての信仰も厚かった神社です。

30tosainari2

維新時代は、中岡慎太郎、坂本龍馬をはじめ土佐の志士が、
詣でていたとも。
明治になると、土佐藩の敷地は売却され、現在地に鎮座しています。
---------------------------------------------------
岬神社(みさきじんじゃ)
(場所)京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町317-2
(アクセス)阪急河原町駅徒歩5分
---------------------------------------------------
  ↓よろしければ、投票をお願いします!!。↓
人気ブログランキングへ                 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

|

« 京の維新13-土佐藩邸跡- | トップページ | 京の維新15-池田屋- »

56京の歴史風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の維新14-土佐稲荷-:

« 京の維新13-土佐藩邸跡- | トップページ | 京の維新15-池田屋- »