« 黄金に輝くメタセコイアの中で-都心の風景- | トップページ | 酬恩庵2-京の冬の旅- »

2010年12月17日 (金)

酬恩庵1-京の冬の旅-

京の冬の旅、酬恩庵を巡ります。

Shuon1

境内の入口は、結界の入口でもあります。
総門の正面より、石の階段から緩やかな石タタミ、
すっーと中へ引き込む仕掛けを感じます。

Shuon2

酬恩庵、またの名を一休寺。一休は、一休宗純、一休さんですね。

Shuon3

門をくぐる手前より、左手の築地塀。いよいよ中へ結界をくぐります。

---------------------------------------------------
酬恩庵(しゅうおんあん)
(場所)京田辺市薪字里ノ内102
(アクセス)近鉄新田辺駅から徒歩20分
---------------------------------------------------

<トピックス1♪>
古都のあれこれホームページ 
本編です。
<トピックス2♪>
古都のあれこれフォトスペース 
新たなHP構築のため、しばらく休止いたします。
<トピックス3♪>
Yahoo!カテゴリへ掲載されています。

人気ブログランキングへ

|

« 黄金に輝くメタセコイアの中で-都心の風景- | トップページ | 酬恩庵2-京の冬の旅- »

48京の古寺-洛外-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酬恩庵1-京の冬の旅-:

« 黄金に輝くメタセコイアの中で-都心の風景- | トップページ | 酬恩庵2-京の冬の旅- »