« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

京の集落 陽が射し 京丹波4

京の集落 陽が射し 京丹波4

吹雪をもたらした雲は、美山のほうへ駈けていく、

4masutani1

その集落は、三方の山と川に囲まれた地形にあり、

4masutani2

民家が一定の距離を保ちながら形成する集落、

4masutani3

その山あいに陽が射し込んで。

---------------------------------------------------
京丹波升谷
(場所)京都府船井郡京丹波町升谷
(アクセス)JR山陰本線「和知駅」より丹波町営バス「升谷橋」
      京都市内より京都縦貫道、国道27号線を経て1時間
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

京の集落 由良川 京丹波3

京の集落 由良川 京丹波3

雪が止み 風も収まる

3masutani1

時が止まったような風景に 集落もその姿を現した。

3masutani2

「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立」(小倉百人一首より)

長さ146kmの由良川は、美山の上流、三国岳から

この和知(わち)を通り、綾部、福知山、舞鶴、宮津、若狭湾の日本海へと流れ込む。

---------------------------------------------------
京丹波升谷
(場所)京都府船井郡京丹波町升谷
(アクセス)JR山陰本線「和知駅」より丹波町営バス「升谷橋」
      京都市内より京都縦貫道、国道27号線を経て1時間
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

京の集落 豪雪 京丹波2

京の集落 豪雪 京丹波2

2masutani1

豪雪にて、一瞬に樹木が雪化粧

2masutani3

その集落は、橋を超えたところにて、

2masutani4

渓谷にかかる橋、日本海に抜ける由良川にて。

---------------------------------------------------
京丹波升谷
(場所)京都府船井郡京丹波町升谷
(アクセス)JR山陰本線「和知駅」より丹波町営バス「升谷橋」
      京都市内より京都縦貫道、国道27号線を経て1時間
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

京の集落 升谷 京丹波1

京の集落 升谷 京丹波1

京都市内から約一時間、

1masutani1

まわりの視界が急変し、一面の雪に見舞われて、

1masutani2

冬の京丹波は、雪深く、

1masutani13

目的地、美山へたどり着けず、手前の升谷へ。

---------------------------------------------------
京丹波升谷地区
(場所)京都府船井郡京丹波町升谷
(アクセス)JR山陰本線「和知駅」より丹波町営バス「升谷橋」
      京都市内より京都縦貫道、国道27号線を経て1時間
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

東京スカイツリー 旧中川河川敷 江戸川区

東京スカイツリー 旧中川河川敷 江戸川区

荒川からの分水、旧中川、

Hirai1

歌川広重の名所江戸百景にもでてくる風景にて、

Hirai2

今は、その水面(みなも)にスカイツリーが浮き出る、

Hirai3

サギやカワウ、カルガモなど見られる親水公園にて。

---------------------------------------------------
旧中川 ふれあい橋
(場所)東京都江戸川区平井3-1
(アクセス)JR「平井駅」徒歩約15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

都内の風景 聖橋 神田川渓谷

都内の風景 聖橋 神田川渓谷

聖橋からみる神田川、茗渓といわれ、

Hijiribashi2

神田川の遊覧船、その上に、地下鉄丸の内線とJR総武線がクロスし、

アーチ橋の昌平橋に高層ビル群まで。

---------------------------------------------------
聖橋(ひじりばし)
(場所)東京都千代田区外神田
(交通)総武線「御茶ノ水」下車、すぐ。
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

古都近江 金堂集落 五個荘

古都近江 金堂集落 五個荘

近江商人発祥の地、五個荘へ

Kondou1

その中心を流れる天保川には、錦鯉が泳ぎ、人影についてくる、

Kondou2

金堂の集落は、重要伝統的建造物群保存地区の街並みにて、

Kondou4

屋敷の壁には、舟板壁(ふないたべい)が使われているのが印象深く、

Kondou3

時代が重なり合う、昔ながらの郵便ポストのある風景も。

---------------------------------------------------
五個荘(ごかしょう)
(場所)滋賀県東近江市五個荘金堂
(アクセス)JR琵琶湖線「能登川駅」からバス10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

古都近江 よしきりの池 西の湖

古都近江 よしきりの池 西の湖

Yoshikiri1

西の湖のほとりに金色のヨシの群生、自然の浄化システム、よしきりの池より、

Yoshikiri2

北近江の奥にどっしり存在感のある名山、伊吹山、

Yoshikiri3

見上げていると、モーターパラグライダーが旋廻、

Yoshikiri4

湖面では、人の気配を感じ、急いで逃げる、対岸の親ガモのもとへ、

のどかな風景がみられます。

---------------------------------------------------
西の湖(にしのこ)・よしきりの池
(場所)滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
(アクセス)JR琵琶湖線「安土駅」徒歩20分
---------------------------------------------------
*カテゴリー「28古都近江」にて、記事数50を見ることが出来ます*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

小さな祠 石部(いそべ)神社 安土城跡

小さな祠 石部(いそべ)神社 安土城跡

Isibejinjya1

西側の安土城跡の石段を上がると佇む石部(いそべ)神社、

Isibejinjya2

信長による安土城築城の際の守護神とも伝わり、

Isibejinjya3

静寂した鎮守の森、古びた神楽殿と小さな祠に、澄んだ聖域を感じます。

Isibejinjya4

その境内から見える安土の城下町、その向こうに琵琶湖や比良山系の山々も、

安土桃山時代、織田信長も天守閣から眼下にこの風景を眺めていたのだろうか。

---------------------------------------------------
安土城跡(あづちじょうせき)・石部(いそべ)神社
(場所)滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
(アクセス)JR琵琶湖線「安土駅」下車 徒歩 25分
---------------------------------------------------
※天守台跡は、東側の通常の観光用ルートからしか今は上がれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

古都近江 安土城跡 安土山

古都近江 安土城跡 安土山

冬の近江へ、

Aduchi11

近江米で知られる米どころ、冬田の風景より、

Aduchi1

その先にある標高199メートルの小高い山、安土山、

Aduchi2

言わずもがな、織田信長の居城、安土城跡にて、

Aduchi4

石段と城郭跡のみが残ります。

---------------------------------------------------
安土城跡(あづちじょうせき)
(場所)滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
(アクセス)JR琵琶湖線「安土駅」下車 徒歩 25分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

古都近江 近江マップ

古都近江 近江マップ

Oumimap

訪れた古都近江のまちを中心に。

---------------------------------------------------
*「古都のあれこれホームページ」に近江mapを掲載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

SANAAの建物を訪れて トピックス

SANAAの建物を訪れて トピックス

昨日、NHK総合テレビで「SANAA 建築の冒険」がPM9:00より放映されました。

SANNA(妹島和世+西沢立衛)は、

昨年オープンしたフランスのルーブル美術館新館を設計した日本を代表する建築家です。

これまでに訪れたSANAA設計の2つの建物を振り返ります。

Sanaa1

北陸の金沢21世紀美術館より、

Sanaa2

階段を支える一本の柱が、軽やかな階段を感じ、

Sanaa3

外部と内部をつなぐ閾が、開放的で心地よく、

Sanaa4

シンプルなディテールが、美しい。

Sanaa4_2

四国、瀬戸内海の海の駅なおしまより、

Sanaa7

建物の手前にいながら、向こうの民家が見える、透過し溶け込む建築物、

Sanaa6

屋根の下に入れば、瀬戸内海の港風景に溶け込む情景にて、

Sanaa5

車の中、フェリーを待つ時間も楽しい。

---------------------------------------------------
◆金沢21世紀美術館◆-2004年竣工-
(場所)石川県金沢市広坂1丁目2−1
(アクセス)JR金沢駅よりバス約20分
◆海の駅なおしま◆-2006年竣工-
(場所)香川県香川郡直島町2249-40
(アクセス)JR宇野駅、宇野港よりフェリーで宮浦港
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

新年 献上七草籠 向島百花園

新年 献上七草籠 向島百花園

Nanakusa4

新年に向島百花園を訪れて、

Nanakusa1

春の七草、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、

Nanakusa3

毎年、新年に皇室へ献上されている七草籠の展示より。

---------------------------------------------------
向島百花園(むこうじまひゃっかえん)
(場所)東京都墨田区東向島三丁目
(アクセス)東武亀戸線「曳舟駅」徒歩約10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

牡丹雪 五重塔 中山法華経寺3

牡丹雪 五重塔 中山法華経寺3

Nakayama9

宝殿門、牡丹雪舞う空を見上げて、

Nakayama11

五重塔と柳の木も冬の厳しい表情にて、

Nakayama12

ただ、その厳しさは日本的なる美しさでもあり、

Nakayama13_2

日本画家、東山魁夷が暮らしたまち、下総(しもうさ)のひとときの冬風景にて。

---------------------------------------------------
中山法華経寺(なかやまほけきょうじ)
(場所)千葉県市川市中山2-10-1
(交通)JR総武線「下総中山」下車、徒歩15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

雪景色 祖師堂 中山法華経寺2

雪景色 祖師堂 中山法華経寺2

Nakayama5

祖師堂前より、境内の桜の木々に積もる雪、

Nakayama6

2つの屋根が並ぶ比翼入母屋造の祖師堂あたりも、

Nakayama7

遠くに見える五重塔を眺めて、

Nakayama8_3

しばし、幻想的な風景に。

---------------------------------------------------
中山法華経寺(なかやまほけきょうじ)
(場所)千葉県市川市中山2-10-1
(交通)JR総武線「下総中山」下車、徒歩15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

初景色 雪化粧 中山法華経寺1

初景色 雪化粧 中山法華経寺1

14日、関東全域で初雪にて、訪れた法華経寺も、

Nakayama1

山門から、参道の初景色にて、

Nakayama2

塔頭寺院の参道も雪化粧、

Nakayama3

冠雪する木々が美しく、

Nakayama4

桜の木々にも、五重塔廻りは幻想的に。

---------------------------------------------------
中山法華経寺(なかやまほけきょうじ)
(場所)千葉県市川市中山2-10-1
(交通)JR総武線「下総中山」下車、徒歩15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

初詣 めでたい 神田明神2

初詣 めでたい 神田明神2

Kanda4

境内からは、東京スカイツリーも見え、

Kanda7

本殿は昭和初期の技術の結集、鉄骨鉄筋コンクリートにて、

Kanda5

大黒像やえびす像、力石など見所多く、

Kanda6

めでたい吊ものも。

---------------------------------------------------
神田明神(かんだみょうじん)正式:神田神社
(場所)東京都千代田区外神田2-16-2
(交通)総武線「御茶ノ水」下車、徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

初詣 「いき」な美 神田明神1

初詣 「いき」な美 神田明神1

都内、東京都心108町会の総氏神、江戸総鎮守、神田明神へ、

Kanda1

730年の創建は、江戸東京の中でも最も古い神社にて、

Kanda2

昭和天皇御即位50年の記念事業、朱塗りの荘厳な楼門「随神門」は総檜造り、

Kanda3

江戸庶民の「いき」な美を感じます。

---------------------------------------------------
神田明神(かんだみょうじん)正式:神田神社
(場所)東京都千代田区外神田2-16-2
(交通)総武線「御茶ノ水」下車、徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

初詣 ダルマ 勝尾寺2

初詣 ダルマ 勝尾寺

Katsuo5

豊臣秀頼により再建された本堂、本尊は十一面観音菩薩

Katsuo7

お正月は、護摩木を火に投げいれる行事も行われ、

Katsuo6

参拝者がおみくじダルマを引き、その小さなダルマを置いていく、

Katsuo8

大阪での初詣より。

---------------------------------------------------
勝尾寺(かつおうじ)
(場所)大阪府箕面市粟生間谷2914-1
(交通)阪急箕面線箕面駅から車で15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

初詣 西国三十三所 勝尾寺1

初詣 西国三十三所 勝尾寺

大阪 箕面国定公園、西国三十三所の23番札所の勝尾寺へ、

Katsuo1

阪神タイガースやガンバ大阪が必勝祈願に訪れる寺院として知られています。

Katsuo2

本堂へ向かう参道の先に多宝塔、

Katsuo3

西日を受ける山寺 夕暮れ時の風情にて、

Katsuo4

二階堂あたりの冬枯れ枝が、幻想的に染まります。

---------------------------------------------------
勝尾寺(かつおうじ)
(場所)大阪府箕面市粟生間谷2914-1
(交通)阪急箕面線箕面駅から車で15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

初詣 産土神 向日神社

初詣 産土神 向日神社

地元の産土神(うぶすながみ)、向日神社へ

Mukou1

社伝によると、神社は718年創建、奈良時代初期にあたり、歴史は古い、

Mukou2

本殿は、1418年の室町時代のもので、国の重要文化財、

Mukou3_2

都内の明治神宮本殿のモデルになったといわれています。

---------------------------------------------------
向日神社(むこうじんじゃ)
(場所)京都府向日市向日町北山65
(交通)阪急西向日駅徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

初詣 財布塚 恵美須神社

初詣 財布塚 恵美須神社

都七福神のひとつ恵美須神社へ、

Ebisu1

お正月は静かな境内にて、

Ebisu3_2

ゆっくり参拝を、

Ebisu5

境内には、パナソニック創業者の松下幸之助直筆の財布塚なども、

Ebisu2

8~12日の5日間は、十日ゑびす、商売繁昌・家運隆昌を願う大勢の人が訪れます。

---------------------------------------------------
ゑびす神社(えびすじんじゃ)、恵美須神社
(場所)東山区大和大路通四条下ル
(アクセス)阪急「河原町駅」下車、徒歩7分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

正月飾り 稚児餅 二軒茶屋中村楼

正月飾り 稚児餅 二軒茶屋中村楼

Nakamurarou1

八坂神社の境内内にある中村楼の正月飾り、

Nakamurarou2

有栖川宮家や伊藤博文、坂本龍馬、尾形光琳などが訪れたことで知られています。

Nakamurarou3

祇園祭の長刀鉾の稚児(ちご)が神殿に供える稚児餅は、氏子として二軒茶屋から代々献じられ、

Nakamurarou4

祇園祭の期間の内、7月13日~31日まで食べることが出来る京菓子です。

---------------------------------------------------
二軒茶屋 中村楼 (にけんちゃや なかむらろう)
(場所)東山区祇園町八坂神社鳥居内
(交通)阪急「河原町駅」下車10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

初詣 本殿の破魔矢 八坂神社

初詣 本殿の破魔矢 八坂神社

Yasaka5

祇園造りで知られる本殿の柱に厄を払う破魔矢(はまや)、

Yasaka6_2

今年の干支、へびの絵馬が取り付けられて。

---------------------------------------------------
八坂神社 祇園さん (やさかじんじゃ ぎおんさん)
(場所)京都市東山区北側625
(交通)阪急「河原町駅」下車10分
---------------------------------------------------

*古都のあれこれ手帳 「京のこよみ」 を2013年版に更新しました。*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

初詣 かるた始め式 八坂神社

初詣 かるた始め式 八坂神社

八坂神社の初詣へ、

Yasaka1

四条大橋から望む鴨川と三条大橋、背景に重なり合う北山の山並みが美しく、

Yasaka2

お正月の八坂神社は、大勢の人で賑い、

Yasaka3

訪れた1月3日は、能舞台で、かるた始め式にて、神前にかるたを奉納、

小倉百人一首の和歌が響き渡り、十二単をまとう童女のかるた取りが行われて、

京都のお正月を感じます。

---------------------------------------------------
八坂神社 祇園さん (やさかじんじゃ ぎおんさん)
(場所)京都市東山区北側625
(交通)阪急「河原町駅」下車10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

京の冬風景 里の景 大原野

京の冬風景 里の景 大原野

里(さと)の散策風景より、桓武天皇が長岡京へ遷都した地の近く、

Ooharano2

京都の西山は、東山とは異なる自然の原風景が広がり、

Ooharano3_2

雪がかかる西山連峰の山腹に、善峰寺や三鈷寺なども。

---------------------------------------------------
大原野の里(おおはらののさと)
(場所)京都市西京区大原野
(交通)JR京都線「向日町」下車、タクシー20分。
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

京の冬風景 千両 法金剛院

京の冬風景 千両 法金剛院

平安時代末期、後白河天皇の母である待賢門院による極楽浄土の再興の寺院にて、

関西花の寺13番、蓮の寺としても知られています。

Houkongouin1

平安末期の池泉廻遊式浄土庭園、

Houkongouin2

色鮮やかな千両が上品な美しさ、

Houkongouin3_2

紅葉が落葉して。

---------------------------------------------------
法金剛院(ほうこんごういん)
(場所)右京区花園扇野町49
(交通)JR山陰線「花園」下車すぐ。
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

京の冬風景 白沙段 法然院

京の冬風景 白沙段 法然院

鎌倉時代、鹿ケ谷の草庵、

法然が六時礼讃行(阿弥陀仏を昼と夜に6回拝むこと)を行ったことに由来、

境内には、「細雪」の作家 谷崎潤一郎のお墓があることで知られています。

Hounenin1

茅葺の屋根が日本の原風景と重なり、

Hounenin2

白沙段(はくしゃだん)が参道の両脇にて、

Hounenin3

お正月の訪れに。

普段は、文様が見られ、秋には紅葉などの絵も描かれて。

観光客の人気の寺院のため、シーズンオフに訪れると、侘びの世界を感じます。

---------------------------------------------------
法然院(ほうねんいん)
(場所)左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
(交通)京都市バス「浄土寺」下車徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

京の冬風景 瓢箪 豊国神社

京の冬風景 瓢箪 豊国神社

「ほうこくさん」と親しまれている神社の祭神は、豊臣秀吉、

秀吉の死後、東山の阿弥陀ヶ峰に葬られ、社殿が山腹に創建。

Toyokuni1

正面の唐門は伏見城の遺構の国宝、

Toyokuni2

鏡餅などお正月の装いにて、

Toyokuni3

秀吉の馬印、瓢箪(ひょうたん)の絵馬がめずらしく。

---------------------------------------------------
豊国神社(とよくにじんじゃ)
(場所)東山区大和大路通正面茶屋町
(交通)京阪七条駅下車、徒歩約10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

京の迎春 古都のあれこれblog2013

京の迎春 古都のあれこれblog2013

昨年暮れ、八坂神社へお礼参りを済ませて、

Sijou

四条通りのアーケードより、

Sinkyogoku 

新京極は迎春のお迎えにて、

Nishiki

京の台所、錦市場は大盛況です。

---------------------------------------------------
錦市場(にしきいちば) 
(場所)中京区錦小路通り
(交通)阪急「四条河原町」下車徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

迎春 下鴨神社 古都のあれこれblog2013

迎春 明けまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

古都のあれこれblog2013

・・・

世界文化遺産 下鴨神社より、

Simogamo1

昨年の暮れ、夕暮れの糺の森を通り抜け、楼門前、

Simogamo2

今年の絵馬は巳 大絵馬が舞殿に立て掛けられ、

Simogamo3

賀茂神社が発祥の地といわれる丹塗り(にぬり)の矢に、願いを込めて。

---------------------------------------------------
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ) 通称 下鴨神社
(場所)左京区下鴨泉川町59
(交通)京阪電車「出町柳」下車徒歩10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »