« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

春花 おだまき つるぼ 十二単

春花 おだまき つるぼ 十二単

四季の草花 青き輝き 涼しげに

Odamaki

「オダマキ」

Turubo

「シラーペルビアナ(ツルボ)」

Ajuga

「アジュガ(十二単)」

---------------------------------------------------
◆木場公園(きばこうえん)
 東京都江東区平野4丁目6−1
>>都営大江戸線「清澄白河」徒歩約15分
---------------------------------------------------
*2014.04.27*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

嵯峨野散歩 菖蒲 田園風景

嵯峨野散歩 菖蒲 田園風景

のどかな田園風景 愛宕(あたご)の麓 傍らに菖蒲(あやめ) にて

Sagano1

「愛宕(あたご)」 嵯峨野

Sagano2

「田園の隅に」 嵯峨野

---------------------------------------------------
◆嵯峨野 広沢池(ひろさわのいけ)
  京都市右京区嵯峨野
>>京都バス「広沢池前」下車
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

京の古寺 酬恩庵4 南山城の古寺vol.17

京の古寺 酬恩庵4 南山城の古寺vol.17

南庭から方丈を囲うように東庭 北庭とつながる

南庭の静かな海原、東庭の羅漢

北庭では蓬莱山から水が流れて海原へ通ずる様子

切り立つ石や石組み、白砂と刈込の樹木や苔で

造形的な動と静を感じる構成に

作庭には、村田珠光、石川丈山、松花堂昭乗、佐川田喜六と伝わる

南山城の古寺巡礼(京都国立博物館)にて

「一休禅師と酬恩庵」の貴重な展示が見られ

展示のひとつ 「酬恩庵庭園真景図巻(原在明筆)」

その様子を 独特な表現技法で

緻密に描かれているのは興味深く

4shuonan1

「十六羅漢の東庭」  酬恩庵

4shuonan2

「北庭 蓬莱庭園」  酬恩庵

4shuonan3

「石の苔」  酬恩庵

---------------------------------------------------
◆酬恩庵(しゅうおんあん)
 京田辺市薪字里ノ内102
>>近鉄新田辺駅から徒歩20分
---------------------------------------------------
*「南山城の古寺巡礼」 京都国立博物館 2014年4月22日-6月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

京の古寺 酬恩庵 3 南山城の古寺vol.16

京の古寺 酬恩庵 3 南山城の古寺vol.16

江戸時代 加賀藩前田利常により 方丈や庭園が整備

裏山の借景とともに 前庭のサツキの刈込

奥行きを感じる枯山水庭園 静寂したひとときにて

3shuonan1

「サツキの刈込」 酬恩庵

3shuonan2

「海原に浮かぶ島」 酬恩庵

3shuonan3

「白砂の波紋」 酬恩庵

---------------------------------------------------
◆酬恩庵(しゅうおんあん)
 京田辺市薪字里ノ内102
>>近鉄新田辺駅から徒歩20分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

京の古寺 酬恩庵2 南山城の古寺vol.15

京の古寺 酬恩庵2 南山城の古寺vol.15

江戸時代の禅苑庭園

高木の木々 ツツジなどの刈込 白砂の枯山水

方丈の縁側から 柔らかい陽光やほのかな風が心地よく

2shuonan1

「方丈庭園 南庭」 酬恩庵

2shuonan2_2

「枯山水庭園」 酬恩庵

2shuonan3

「白砂の文様」 酬恩庵

---------------------------------------------------
◆酬恩庵(しゅうおんあん)
 京田辺市薪字里ノ内102
>>近鉄新田辺駅から徒歩20分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

京の古寺 酬恩庵1 南山城の古寺vol.14

京の古寺 酬恩庵1 南山城の古寺vol.14

臨済宗大徳寺派の酬恩庵 本尊 釈迦如来

京田辺市薪(たきぎ) 薪(たきぎ)の一休寺

荒廃していた地に 一休宗純が草庵を営み再興

境内は建物、庭園とも美しい

総門から庫裏への長い参道は 空間を感じつつ

1shuonan1

「総門」 酬恩庵

1shuonan2

「静寂した参道」  酬恩庵

1shuonan3

「参道と苔庭」 酬恩庵

1shuonan4

「庫裏」 酬恩庵

---------------------------------------------------
◆酬恩庵(しゅうおんあん)
 京田辺市薪字里ノ内102
>>近鉄新田辺駅から徒歩20分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

都内の風景 春バラ 旧古河庭園

都内の風景 春バラ 旧古河庭園

大正6年(1917)

ジョサイア・コンドルの設計による

石積みの洋館 重厚な佇まい

南側に広がる洋風庭園 春バラ 見ごろにて

Hurukawa1

「春バラ」 旧古河庭園

Hurukawa2

「春バラ」 旧古河庭園

Hurukawa3

「春バラ」 旧古河庭園

---------------------------------------------------
◆旧古河庭園 (きゅうふるかわていえん)
  東京都北区西ヶ原1-27-39
 >>JR上中里駅徒歩約7分
---------------------------------------------------
*2014.05.24*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

新緑 都心の水辺 小石川後楽園

新緑 都心の水辺 小石川後楽園

新緑のころ 都心の水辺に 出会うひとときにて 

Koishikawa1

「都心の水辺」 小石川後楽園

Koishikawa2

「水面の翡翠」 小石川後楽園

Koishikawa3

「カルガモ親子」 小石川後楽園

Koishikawa4

「カルガモの子 涼しげに」 小石川後楽園

Koishikawa5

「田んぼの土手 黒アゲハ」 小石川後楽園

---------------------------------------------------
小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)
(場所)文京区後楽1丁目
(交通)JR総武線水道橋駅約10分
---------------------------------------------------
*2014.05.18*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

京の古寺 宇治田原の茶畑 南山城の古寺vol.13

京の古寺 宇治田原の茶畑 南山城の古寺vol.13

周囲の山々がもたらす 自然の恵み

そこに人が住み 生活を営んできた

緑の稲穂のカーペット 宇治の茶畑

小川のせせらぎも 美しく

のどかな農村風景がひろがる

茅葺屋根の古刹 十一面観音信仰

古くから守られてきた歴史と風土

今も 息づく 南山城 宇治田原

禅定寺のあたりにて

5zenjoji1

「宇治田原の田園」 宇治田原

5zenjoji2

「茶畑」 宇治田原

5zenjoji3

「清流」 宇治田原
---------------------------------------------------
◆禅定寺(ぜんじょうじ)
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
>>京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)約35分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

京の古寺 禅定寺4 南山城の古寺vol.12

京の古寺 禅定寺4 南山城の古寺vol.12

南山城の十一面観音巡礼

観音寺 禅定寺 笠置寺 海住山寺 現光寺

海住山寺奥の院 岩船寺 寿宝寺

木津川文化圏の強い結びつき 信仰を感じつつ。

白洲正子の十一面観音巡礼より

「伊賀の山中に発する木津川は、南山城の渓谷を縫いつつ西へ流れる。

笠置、加茂を経て平野に出ると、景色は一変し、ゆるやかな大河となって、北上する。

その川筋には、点々と、十一面観音が祀られている。

それは時に天平時代の名作であったり、藤原初期の秘仏であったり、

路傍の石仏だったりする。」 十一面観音巡礼 白洲正子 「木津川にそって」の文頭

4zenjoji1

「夏の山寺」 禅定寺

4zenjoji2

「茅葺屋根と四季折々」 禅定寺

4zenjoji3

「南山城に点在する十一面観音菩薩」  文化庁のポスター
---------------------------------------------------
◆禅定寺(ぜんじょうじ)
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
>>京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)約35分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

京の古寺 禅定寺3 南山城の古寺vol.11

京の古寺 禅定寺3 南山城の古寺vol.11

本尊 十一面観音立像

本殿は茅葺屋根 山寺の素朴な趣にて

本殿の前庭 木々や草花

夏に訪れて サルスベリや桔梗 新緑の木蓮と

境内に 華やかさを添えて 移ろう四季を感じつつ

3zenjoji1

「木蓮と茅葺の本殿」

3zenjoji2

「観音堂」 禅定寺

3zenjoji3

「石碑 念ずれば花ひらく」 禅定寺 

---------------------------------------------------
◆禅定寺(ぜんじょうじ)
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
>>京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)約35分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

京の古寺 禅定寺2 南山城の古寺vol.10

京の古寺 禅定寺2 南山城の古寺vol.10

ゆるやかな石畳みの参道を登る

山門の前にある石塔

南北朝時代(1342年)刻印の禅定寺五輪塔(ぜんじょうじごりんとう)

どっしりとした趣きにて 迎えられる

夏の日差しを浴びて すっかり濃くなった青もみじも

名文を読んで その地を訪れると さらに深い味わいにて

【名文で読む古寺巡礼】

 ・かくれ里  白洲正子 講談社文芸文庫 1971

 ・十一面観音巡礼 白洲正子 講談社文芸文庫 1975

2zenjoji1

「山門」 禅定寺

2zenjoji3_2

「五輪塔」 禅定寺

2zenjoji4

「青もみじと五輪塔」  禅定寺

---------------------------------------------------
◆禅定寺(ぜんじょうじ)
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
>>京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)約35分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

京の古寺 禅定寺1 南山城の古寺vol.09

京の古寺 禅定寺1 南山城の古寺vol.09

宇治田原の古刹 禅定寺(ぜんじょうじ)

のどかな田園地域の 小高い丘に 佇む山寺

991年 東大寺の平崇(へいそ)上人が創建

藤原摂関家とのつながり、平等院の末寺にもなる

江戸時代 月舟(げっしゅう)が再興 曹洞宗の寺院となり

現在に至る。

今、京都国立博物館で行われている

「祈りと癒やしの地 南山城の古寺巡礼」では

そのような経緯にまつわる 荘園や寺領にまつわる文書などみられ

当寺院や村人により 大事に保管されてきたと思うと 興味深く。

1zenjoji1

「2つの門」 禅定寺

1zenjoji2

「参道」 禅定寺

2zenjoji2_2

「山門」 禅定寺
---------------------------------------------------
◆禅定寺(ぜんじょうじ)
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
>>京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)約35分
◆京都国立博物館(Kyoto National Museum)
 京都市東山区茶屋町527
>>京阪「七条」駅より徒歩7分
---------------------------------------------------
*「南山城の古寺巡礼」 京都国立博物館 2014年4月22日-6月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

古都鎌倉 竹の寺 報国寺

古都鎌倉 竹の寺 報国寺

参道の苔庭 木漏れ日が 心地よく

境内の竹の庭 静寂した中の 竹の音色

都内からの 鎌倉散歩の名所にて

Hokoku1

「竹の庭 竹林」 報国寺

Hokoku2

「新緑のころ」 報国寺

Hokoku3

「苔庭のエビネ」 報国寺

Hokoku4

「エビネ」 報国寺

---------------------------------------------------
◆報国寺(ほうこくじ)
 神奈川県鎌倉市浄明寺2−7−4
>>京急バス「浄妙寺」より徒歩2分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

京の古寺 笠置寺4 南山城の古寺vol.08

京の古寺 笠置寺4 南山城の古寺vol.08

鎌倉時代 後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕を計画

1331年 元弘(げんこう)の変

京都御所を出た後醍醐天皇が ここ笠置山で挙兵

籠城戦になるものの 北条方の幕府軍に敗れた

ここ笠置山で詠まれた歌碑

「うかりける 身を秋風に さそわれて おもわぬ山の 紅葉をぞ見る」 尊治(後醍醐天皇)

山から眺める風景は その頃のままであるかのような

そして 南北朝の動乱期

下赤坂の楠木正成や 六波羅探題を落とした足利尊氏、

北条を滅ぼした新田義貞など 名だたる武将が現る

新しい時代をつくろうとした その時代に思いを馳せて

4kasagi1

「笠置山 後醍醐天皇行在所」 笠置寺

4kasagi3

「南山城の山並みと木津川」 笠置寺

4kasagi4

「南山城を流れゆく」 笠置寺

---------------------------------------------------
◆笠置寺(かさぎでら)
 京都府相楽郡笠置町笠置山29
>>JR「笠置駅」下車タクシー約15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

京の古寺 笠置寺3 南山城の古寺vol.07

京の古寺 笠置寺3 南山城の古寺vol.07

東大寺大仏殿建立の際に 木津川の水量が減り

使われる材木の運搬が危惧されたとき

実忠和尚が この場で雨乞いの修法をおこない

大雨を降らせ 大仏殿を完成させたと伝わる

千手窟(せんじゅくつ)

静寂した空間の中で

巨石群が放つ 山の霊力を感じつつ

身も 心も 清らかに

3kasagi1

「千手窟(せんじゅくつ)」 笠置寺

3kasagi2

「小さな祠」 笠置寺

3kasagi3

「山の霊力」 笠置寺

---------------------------------------------------
◆笠置寺(かさぎでら)
 京都府相楽郡笠置町笠置山29
>>JR「笠置駅」下車タクシー約15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

京の古寺 笠置寺2 南山城の古寺vol.06

京の古寺 笠置寺2 南山城の古寺vol.06

古くから修行場として栄えた笠置山

一般に 修行する前に 滝で身を清めるのであるが

ここ笠置山の麓には 滝がない

岩をくぐり抜けることで 身を清めるという

今にも崩れそうな 巨石の間を 静かに抜ける

見上げると 断崖絶壁の巨石が 見下ろしているかのごとく

2kasagi1

「精進潔斎」 笠置寺

2kasagi2

「くぐり岩」 笠置寺

2kasagi3

「断崖絶壁」 笠置寺

---------------------------------------------------
◆笠置寺(かさぎでら)
 京都府相楽郡笠置町笠置山29
>>JR「笠置駅」下車タクシー約15分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

京の古寺 笠置寺1 南山城の古寺vol.05

京の古寺 笠置寺1 南山城の古寺vol.05

289メートルの笠置山の麓 笠木寺

飛鳥時代から 造営されていたと伝わる

東大寺のお水取りの起源といわれる正月堂など 伽藍が点在

山麓には巨石が多く 平安時代には 巨岩信仰の盛んな地域として知られる

巨石の一枚岩に 彫り込まれた仏像 磨崖仏

寺院の本尊 15メートルの弥勒大磨崖仏(みろくまがいぶつ)

弘法大師が一夜にして 彫刻したと伝わる 虚空蔵磨崖仏(こくぞうまがいぶつ)

木津川文化圏でも 神秘的な雰囲気の残る 古刹にて

1kasagi1

「本尊弥勒磨崖仏と正月堂」 笠置寺

1kasagi2

「巨岩に彫りこまれた虚空蔵磨崖仏」 笠置寺

1kasagi3

「虚空蔵磨崖仏」 笠置寺

---------------------------------------------------
◆笠置寺(かさぎでら)
 京都府相楽郡笠置町笠置山29
>>JR「笠置駅」下車タクシー約15分
---------------------------------------------------
<インフォメーション>
 HP「古都の片隅手帳」が容量不足となったため、新しいサーバーへ移行となりました。
 新しくなった@niftyのホームページサーバーを利用しています。
 階層の整理、内容の入れ替え等で、一部閲覧できないかもしれません。ご了承ください。
 右のドメインアドレスに変更はありません。「古都の片隅手帳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

京の夕暮れ 八坂の塔と京都タワー ツツジのころ

京の夕暮れ 八坂の塔と京都タワー ツツジのころ

聖徳太子が五重塔を建て 仏舎利を納めて

法観寺と号したと伝わる 八坂の塔

その高さ49メートル

夕暮れになり

131メートル 京都タワーもライトアップ

その背に 京都盆地の 暮れなずむ西山連峰

撮影スポットとして知られる 東山の高台寺駐車場より

Yasakayakei1

「夕暮れの市内遠望 ツツジのころ」 高台寺

Yasakayakei2

「暮れなずむ西山連峰と京都タワー」 高台寺

---------------------------------------------------
◆高台寺(こうだいじ)
 東山区高台寺下河原町526
>>京阪祇園四条下車、徒歩約10分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

京の古寺 当尾の里 南山城の古寺vol.04

京の古寺 当尾の里 南山城の古寺vol.04

浄瑠璃寺、岩船寺あたりの当尾の里

南都奈良の影響を受け、僧侶が草庵を営み、

修行した場所として栄えた

今は、市内近郊から訪れる散策コース

山村風景を楽しみながら

当時を偲ぶ磨崖仏や石仏群にもふれる

当尾の石仏の中でも もっとも知られる 岩船阿弥陀三尊磨崖仏

顔が微笑んでいるようなことから 「わらいぼとけ」として知られる

観世音菩薩坐像 両側には阿弥陀如来坐像

浄土の世界が 山里に 今も息づくところにて

Touno4

「山村の冬風景」 当尾の里

Touno1

「修行の小路」 当尾の里

Touno2

「点在する石仏 わらいぼとけ」 当尾の里

Touno3

「わらいぼとけ」 当尾の里

---------------------------------------------------
当尾の里(とおののさと)
◆京都府木津川市加茂町
 >>JR奈良駅「近鉄奈良」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
   JR大和路線「加茂」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

京の古寺 岩船寺 南山城の古寺vol.03

京の古寺 岩船寺 南山城の古寺vol.03

木津川沿いの当尾(とうの)の里

浄瑠璃寺と同じく 南都奈良との結びつきが強い

西大寺の真言律宗に属する

関西花の寺二十五霊場のひとつ 岩船寺

奈良時代の天平期の創建と伝わる

境内は 本堂と三重塔が佇む 小さな古刹

本堂内陣 荘厳な雰囲気 本尊の阿弥陀如来座像(奈良時代)に

4体の四天王像(鎌倉時代)が四隅に立つ

朱塗りの伽藍 壮麗な三重塔(室町時代)

時代の変遷を感じながら。

Gansen1

「境内」 岩船寺

Gansen2

「三重塔」 岩船寺

Gansen3

「本堂」 岩船寺

---------------------------------------------------
◆岩船寺(がんせんじ)
 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43番地
>>JR奈良駅「近鉄奈良」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
  JR大和路線「加茂」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

京の古寺 海住山寺 南山城の古寺vol.02

京の古寺 海住山寺 南山城の古寺vol.02

「みかのはら わきてながるる いづみかわ

いつみきとてか こひしかるらむ」  中納言兼輔

その瓶原(みかのはら)に遷都された恭仁京(くにきょう)

中心に位置した海住山寺(かいじゅうせんじ)

なかでも 五重塔は美しく その時代を魅了する

京都国立博物館の「南山城の古寺巡礼」展でも見られた

十一面観音立像や 四天王立像などの 重要文化財

山深い木津川 この地に 信仰の厚さを感じつつ

【名文で読む古寺巡礼】

 ・十一面観音巡礼 白洲正子 講談社文芸文庫 1975

Kaijyu1

「本堂」 海住山寺

Kaijyu2

「国宝 五重塔」  海住山寺

Kaijyu3

「法輪」  海住山寺

---------------------------------------------------
◆海住山寺(かいじゅうせんじ)
 京都府木津川市加茂町例幣海住山境外20
>>JR「加茂」下車タクシー約15分
---------------------------------------------------
*南山城の古寺巡礼-祈りと癒しの地-
  2014年4月22日-6月15日 京都国立博物館*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

京の古寺 浄瑠璃寺 南山城の古寺vol.01

京の古寺 浄瑠璃寺 南山城の古寺vol.01

真言律宗 小田原山 浄瑠璃寺

参拝は 東側より 薬師如来が鎮座する 国宝 三重塔

塔の前で振り返ると

池越しにみえる 国宝 九体阿弥陀堂

再び 参拝する

東方の薬師仏の浄瑠璃世界 西方の阿弥陀仏の極楽浄土

参拝を通して 幽玄な世界を感じながら

そして 旅のお供に 語り継がれる 名文で読む古寺巡礼へ

 ・大和路・信濃路 堀辰雄 新潮文庫 1955

 ・古寺巡礼 和辻哲郎 岩波文庫 1979

 ・百寺巡礼 五木寛之 講談社文庫 2008

Joruri5

「薬師如来の三重塔」 浄瑠璃寺

Joruri1

「九体阿弥陀堂」 浄瑠璃寺

Joruri0

「浄土の界」 浄瑠璃寺

---------------------------------------------------
◆浄瑠璃寺(じょうるりじ)
 京都府木津川市加茂町西小札場40
>>JR奈良駅「近鉄奈良」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
   JR大和路線「加茂」駅よりバス「浄瑠璃寺前」下車
---------------------------------------------------
*2012年2月21日~25日掲載のものを再構成*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

京の古寺 南山城の古寺巡礼 京都国立博物館

京の古寺 南山城の古寺巡礼 京都国立博物館

春の美術館巡り

2014年4月22日-6月15日

京都国立博物館で開催中

奈良時代 一時的に都が置かれた恭仁京(くにきょう)

奈良時代から平安時代にかけて

浄瑠璃寺 笠置寺 海住山寺 禅定寺 酬恩寺など

木津川沿いに 古刹が佇む地域 南山城

十一面観音立像(禅定寺) 千手観音立像(寿宝寺)

阿弥陀如来坐像(蟹満寺) 十一面観音立像(海住山寺)など

如来(にょらい) 菩薩(ぼさつ) 明王(みょうおう) 天(てん)

南山城の仏像を 一同に見られる 機会にて

Knm4

「南山城の古寺巡礼」 京都国立博物館

Knm6

「本館と噴水庭園」 京都国立博物館

Knm2

「庭園のツツジ」 京都国立博物館

Knm3_2

「破風板のレリーフ」 京都国立博物館

---------------------------------------------------
◆京都国立博物館(Kyoto National Museum)
 京都市東山区茶屋町527
>>京阪「七条」駅より徒歩7分
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

京の新緑 青もみじ 瑠璃光院vol.03

京の新緑 青もみじ 瑠璃光院vol.03

秋に 色付く 紅葉も

夏は 微風に ふわりを漂う 青もみじ

京の 初夏の風情を 感じつつ

Rurikoin7

「青もみじ」  瑠璃光院

Rurikoin8

「苔むす飛石」 瑠璃光院

Rurikoin9

「新緑の座敷」 瑠璃光院

---------------------------------------------------
◆瑠璃光院 (るりこういん)
 京都市左京区上高野八幡町
>>叡山電鉄叡山本線 「八瀬比叡山口駅」徒歩5分
---------------------------------------------------
*歴史的建築物・文化財保存の為、
平成25年5月31日に一般拝観は休止されました。*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

京の新緑 苔の朔 瑠璃光院vol.02

京の新緑 苔の朔 瑠璃光院vol.02

暑い日が続くと 訪れてみたくなる 京の避暑地

清涼感漂う 名庭より

Rurikoin4

「新緑のころ」 瑠璃光院

Rurikoin5

「木洩れ日」 瑠璃光院

Rurikoin6

「苔の朔(さく)」 瑠璃光院

---------------------------------------------------
◆瑠璃光院 (るりこういん)
 京都市左京区上高野八幡町
>>叡山電鉄叡山本線 「八瀬比叡山口駅」徒歩5分
---------------------------------------------------
*歴史的建築物・文化財保存の為、
平成25年5月31日に一般拝観は休止されました。*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

京の新緑 瑠璃 瑠璃光院vol.01

京の新緑 瑠璃 瑠璃光院vol.01

一般拝観が休止された瑠璃光院

名残惜しく 新緑の頃の 名庭を思いつつ

Rurikoin1

「新緑の名庭」  瑠璃光院

Rurikoin2

「青床」 瑠璃光院

Rurikoin3

「瑠璃の輝き」 瑠璃光院

---------------------------------------------------
◆瑠璃光院 (るりこういん)
 京都市左京区上高野八幡町
>>叡山電鉄叡山本線 「八瀬比叡山口駅」徒歩5分
---------------------------------------------------
*歴史的建築物・文化財保存の為、
平成25年5月31日に一般拝観は休止されました。*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

京の新緑 夕佳亭 金閣寺vol.05

京の新緑 夕佳亭 金閣寺vol.05

鹿苑寺の境内にある茶室 茶人金森宋和の夕佳亭(せっかてい)

茅葺の屋根 土間から沓脱石を介して 茶室につながる

民家の様な 素朴な空間に

飛騨高山出身の 金森宋和好みを感じつつ

5kinkaku3

「新緑の夕佳亭」  夕佳亭

5kinkaku1

「民家のような」 夕佳亭

5kinkaku2_2

「○△□の窓」 夕佳亭

---------------------------------------------------
◆金閣寺(きんかくじ)
 京都府京都市北区金閣寺町1
>>京都市バス12系統、205系統など
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

京の新緑 鳳凰 金閣寺vol.04

京の新緑 鳳凰 金閣寺vol.04

ゴールデンウィークも後半

金閣寺に訪れる前に そして訪れた後に

言わずと知られる名著

「金閣寺」 三島由紀夫 新潮文庫 1956

小説の心象風景と 現実風景の描写が 巧みに絡み合う

心地よい休日 美しい文体 三島文学の堪能を。

「私はまた、その屋根の頂きに、永い歳月を風雨にさらされてきた金銅の鳳凰を思った。この神秘的な金いろの鳥は、時もつくらず、羽ばたきもせず、自分が鳥であることを忘れてしまっているにちがいなかった。しかしそれが飛ばないようにみえるのはまちがいだ。ほかの鳥が空間を飛ぶのに、この金の鳳凰はかがやく翼をあげて、永遠に、時間のなかを飛んでいるのだ。時間がその翼を打つ。翼を打って、後方に流れてゆく。飛んでいるためには、鳳凰はただ不動の姿で、眼を怒らせ、翼を高くかかげ、尾羽根をひるがえし、いかめしい金いろの双の脚を、しっかと踏んばっていればよかったのだ。」 
(金閣寺 三島由紀夫 新潮文庫 第一章より引用)

3kinkaku5

「威風堂々」 鹿苑寺 舎利殿 鳳凰

3kinkaku2

「反り返る杮葺きの屋根と風鐸」 鹿苑寺 舎利殿

3kinkaku3

「金箔の軒裏」 鹿苑寺 舎利殿

3kinkaku4

「新緑の金閣」 鹿苑寺 舎利殿

---------------------------------------------------
◆金閣寺(きんかくじ)
 京都府京都市北区金閣寺町1
>>京都市バス12系統、205系統など
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

京の新緑 苔玉 金閣寺vol.03

京の新緑 苔玉 金閣寺vol.03

新緑のころ 辺りを見渡せば 青もみじで包まれる 金閣寺

金閣を映す鏡湖池(きょうこち)も 新緑を 映しこむ 

足元をみると 苔むす緑 発光するように 青く輝く

4kinkaku1

「新緑の金閣」 鹿苑寺舎利殿

4kinkaku2

「池のほとり」 鹿苑寺 鏡湖池(きょうこち)

4kinkaku3

「苔玉」 鹿苑寺 鏡湖池(きょうこち)

---------------------------------------------------
◆金閣寺(きんかくじ)
 京都府京都市北区金閣寺町1
>>京都市バス12系統、205系統など
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

京の新緑 舎利殿 金閣寺vol.02

京の新緑 舎利殿 金閣寺vol.02

初層は 寝殿造り 法水院(ほうすいいん)

二層目 武家造り 潮音洞(ちょうおんどう)

三層目 禅宗仏殿造り 究竟頂(くっきょうちょう)

それぞれの様式を兼ね備えた 三層の楼閣建築

訪れたときは 1層目の御開帳

鏡湖池(きょうこち)を眺めているような

足利義満座像と 宝冠釈迦如来坐像が並ぶ

2kinkaku1

「 花頭窓(かとうまど)と桟唐戸(さんからど)」 金閣舎利殿 究竟頂(くっきょうちょう)

2kinkaku2

「蔀戸(しとみど)」  金閣舎利殿 潮音洞(ちょうおんどう)

2kinkaku3

「義満と宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)」 金閣舎利殿 法水院(ほうすいいん)

---------------------------------------------------
◆金閣寺(きんかくじ)
 京都府京都市北区金閣寺町1
>>京都市バス12系統、205系統など
---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »